フレイムカラーセラピーボトル  
 ご購入ありがとうございました
D1講座使用カラー D2講座使用カラー D3講座使用カラー
フレイムカラーセラピーボトルの特徴  
特徴① 綺麗なボトル 特徴②  手作りのボトル  特徴③  注文いただいてから色をつくります
フレイムカラーセラピーボトルについて
色がわからないとお問い合わせがございます 2015年からボトルの材料費高騰により、 フレイムボトルの構造上転がりやすいです
上記の写真どちらが赤ですか?とのお問合せなのですが  価格を抑える為に制作手法を変更致しました。  イベント会場(お子様が多い会場や人混みがある会場)
写真では同じ色に見えてしまい答えようがない場合も  上部の筒と下のボトル部分を接合して作る手法に変更 は特に注意が必要です
色がわからなくなった場合はボトルの底を見ましょう  これに伴い接合部分に若干接合の跡が残ります ボトルを安全に設置できる環境を整えましょう
3つのカラーの●シールが貼ってあります  ここから割れることはございません これまで説明がありませんでしたお薦めアイテムを
D1カラー(青)D2カラー(緑)D3カラー(黄) 傷ではなく接合時にできるものです。 D1講座テキストに追加しました(※2018年11月より)
シールが剥がれている場合は15本をご確認ください この傷にての返品交換は出来かねます ご了承ください 11月以前に受講された方でご希望の方は郵送にて
シールを紛失した場合は100均ショップにて同じような ※画像はわかりやすいものをセレクトしました。 お送りします 本部まで直接メールにてご連絡ください
ものが販売しています 接合部分が目立たないもの目立つものがあります
 フレイムカラーセラピーボトルその他注意事項
①オブジェの取り扱い ②変色・退色 ③液体の量
上部をもって強く押してハメると割れます!折れます! 直射日光に当たる場所・野外での活動は控えてください ボトルの液体量は暑さや光により増える場合があります
下部か矢印の部分をもってハメてください 暖かい部屋も長時間置かないでください 空間が少なくなると圧力によりキャップが飛びます
お子様には危険ですので置き場に気を付けてください 室内でも強い光が当たる場所も変色・退色になります 必ず空間をつくるように調整してください
※丸型オブジェも同じです □色の変更はボトルメンテナンスをご覧ください 減らさずに蓋を閉め続けるとキャップは何度も飛びます
 フレイムカラーセラピーボトル オイル 2017年 9月に販売終了致しました